読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koichang’s blog

詩を書いてます

瞑想のヴァイオリン弾きにカスタネットを投げつけるオクトーバー



 私は見晴らしのよいしづかなところで、

   唇しだけげるようにして微笑んだ・・。


    夏秋冬春の区別のない風景の乾板から蒼ざめた影が逃走する、

      貝をした噴水、図形をした舗道もないけど・・

        、、、、、、、、
        宇宙に触れられる・・。
       


 宇宙における一切の事物や現象として、

    
    鋭角的な隙間があり、半円形型劇場の跡を想像する。



   植物は芽と葉と枯葉と、莟と花と實とを同時に持っている、

    この場所で眼を瞑って扉によりかかる――。


    ―――巨大な蝶番がぎいっと軋るたびに甦る、


      地下ってきた水流のように模糊とした記憶・・

 流転する、生者必衰のこのひと時、

   日常的になった不快の声、自己陶酔の詠嘆的な声――。

    荘厳雄大典雅荘重・・。


      (海底岩礁にしなだれかかった沈没船のように

(揚げたての唐揚げが突然なまこのようにたくなる・・。)


  神経を斫り刻むおもいで、難渋を重ねた日々よ、

     争闘のなくなることはなく、

   、、、 、、、、、、、 、、、、
   無口で、非活動的になる、私の善行・・。
    、、、、、、、、、、、、
    ねぼけたやさしい情調の夢・・。


       常に誰かを守るためにあらねばならないと願う、

   (ひとり・・・ひとり・・・生きよう――

        常に魂を持って語らねばならないと思う、

     (ぼく・・・きみ・・・みんなのために――

 
          ・・・


      その遠き行方を知らず、墳墓の底の瀕死の喘ぎに・・。


            存 在 の お ぼ ろげ な 蓑 虫


   藻草のように靡いている私たちにできる仕事は、

        無限ちた、長、尽きることのない坂道・・


     空間の現象界から、物質の実体を通じて見ること――。


             人それぞれの積み荷は・・。

         ・・・人生をわからなくさせる。

     船が座礁したような病にいま身を置く者を孤独にする

       、、、、、、、、、、、、、、、、、
       遠い地平線の彼方へまでさ迷い出る魂―――。
 
       断崖絶壁の細い道をゆくような、

        ・・・・火山までかにその坑道く、

      試練のただ中にいる者の心を冷たくする、


        もなく、言葉もなく・・。


     私はその虚無の靈光――。

 

        会話だけではわからないことがある・・、

  だから「裸の町」のような金属的な感触が必要になる。



         ・・・窃盗掠奪理論詭弁のうちにまでしみ



   蛇のように執念深くからみついている、本質・・。


      蛇と蛙が抱き合うことも出来る、

    胸いっぱいにがってくるものをえきれずに

   夢や憧憬や、虚偽や、後悔や追憶も、労働も、

   愛の何たるかも、すべて、謙譲の中にある。



        ・・・大広間に漲るリキュールの馨りのように。

  
                          スペース
   瞑想、靜觀を妨げる何ものもなく自然に與えられたで、

     瞑目端座している君のことを知っている・・。

        
          、、、、、、、、、、 、、、、、、、、、、、、、、
          吹き抜けの優しい柱へとびきり澄んだボーイソプラノ・・。


   限度なく、満ち足りることのない知識欲や向上心、

     寄せてくる潮、海妖単調誘惑歌・・。

 金銭の欲望支配する心奪う心・・。


          が鳴った・・。冷たい音が――。


   それが人と人の心を引き離してしまうのだと思う・・。

     誰にも止めることは出来ない

   否、止めるべきではない、と君は思う――。


        サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドの、

 


        神話みたいに・・。

 




   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
   究理的にまで思索に没頭せねばおられぬ瞑想・・。
    、、、、、、、、、、、、、、 、、
    人生において久しく忘れていた、快適・・・。



    内殿の神秘の楽の音を聞きながら、そう思う――。


      たよりなくもさいなまれる、眼に見え耳にきこえるもの・・。


   水銀を手に、ワクチンのないウィルスを手にするように・・。


    「人の心はわからないから、心を塞ぎたくなるのですね。

    人の心と同じように、

   嘘や醜さを、霜凍る夜寒の床にある冷たい夢の破れを、

      愛せよということなのですね――。」


    センテンス文化クゥリトゥーラ文学ロゴテクニア・・・

 

    

          何百条の高さから一気に流れ落ちるもの・・

         左の耳のところで、さあっさあっと鳴っているもの――。



    でも、さな、とてもさな、

   本当にさみしさしか残らないような人生の、

     憐れな落ち葉よ・・。

         

   (・・広い野原に見渡す限り生えているクローバー。)

  (向日葵の咲いた、ガールフレンドのいたあの坂道。)

 

   (小鳥が飛び去ってしまった森のように、根を広げ、枝を拡げていく。)

 

      (陽光を求める蔓性の植物みたいに・・。)

 

   君が土になり、骨になることの意味はない、

     だって君はまだ教え導かれたいと希っているのだから――。


        寂寥の深くへ沈ませた眼前のひっそりとした眺望・・。

       きしめてほしい

    抱きしめてほしい

 

    私はそのやさしい夢の一部

      心はしんとして閑寂の底に沈みながら・・。

    私はいつも、優しい君の気配を感じている・・・・・・、

 

   多毛症の猫がいるとしても、愛好家は困らない。

   多毛症の羊は愛される、より多く毛皮がとれるから。

 

      人の業を棄て、もはや、人ではない夢を見た今でも、

    音と音の狭間、その静寂の中に、沈黙の音がうまれる。


    私は見晴らしのよいしづかなところで、

   もう一人の自分と再会する、香炉花立燈明皿・・。

     否、何百人も何千人もいる私の中の一つの人格

   植物は芽と葉と枯葉と、莟と花と實とを同時に持っている、

   この場所で眼を瞑って扉によりかかる――。


   、、、、、、、、、、、 、、、、、、、、、
   表裏をなしてもつれ合う、なやましい愛の御姿・・。
    、、、、、、、、、、、、、、、 、、、
    著るしい欠陥をもった磁石のない、人の心――。



恋愛 A




     眼を閉じると、底なしの静かな淵に放り込まれた砂糖のかけらのような夜空。
     蒼い夜空、輝く星辰、水晶のような透明な山岳のうねり・・。
     華やかな灯と暗との交錯を走る電車
     冬の天の原、今までに過ぎた時間を、トーキー・スクリーンにしていく。



 
     (たし――られたんだ・・)


  「なあ、おい、あんまり気にするなよ。

   男なんて世界中、何処にでもいるんだから――



    どうしてだろう・・どうして――
    、、、、、
    ふられた後だからだろうか、

    く・・そのが、本当にやさしくく――

        、、、、、、、、、
      ――あたしの心の中にも。
 


       シャガール夜空をあたしは・・飛んでいく。

 

    ・・・ロマンチシズムのへばりついたんでいく

 

      わないでね・・笑われたら

 


       ・・・・きっと蛞蝓になる

       ――立れない。死にたい

 



   「葉山と恋をすればよかった。」と、馬鹿なことを言ったら、

   「俺はお前みたいな女は嫌だよ。」と、即答。

       
      ・・・つーか、だれでもいいようなかたするなよ。

 

 

      相手あいてにも失礼しつれいだし、自分じぶんまでだまみたいじゃないか。

 
       
        (ビッチになるなら別だけど、

        ――今日から肉奴隷化宣言?)

        
        ――ふざけてたけど、眼が笑ってなくて・・すごく悲しそうで

       多分、葉山は、あたしがそんなことを言うのが嫌だったのだと思う

 

      ・・・つーか、だれでもいいようなかたするなよ。

 

 

          相手あいてにも失礼しつれいだし、自分じぶんまでだまみたいじゃないか。

 
       
        (ビッチになるなら別だけど、

        ――今日から肉奴隷化宣言?)

        
        

        真暗            まっくらせま螺旋形らせんけい階段かいだんのぼって宇宙うちゅうきたい。

        君がいない場所・・。

     あなたがいない場所に――。

 

      (・・・桑の葉を食べる蚕みたいな、弱くて、醜い、願い。) 

        ・・・葉山に泣き声を聞かれまいとしたけど、止まらなくなって・・。


       ・・・――っと

       んな風にたしの恋は終わった――。



 

 

黄金の欲望

 



 、、、、 、、、、、、、
 この手で・・この眼で触れた――

 


    余韻の中の曖昧な夢感情、前触れなしの鮮明な映像

       唇の重み、微妙で危険な場所・・。

 

           She kissed him.

 

 

 

 

       ...Can I kiss you?

       ......Can I kiss you?

 

    そして僕は巨大ないなりずしをとりだし、

     あるいは世界のセコイアから見れば比較にならないが、

 

     しかしこれまたひとつのセコイアであるセコイアを取り出し、

         ・・・あるいはもう電動ドリルを取り出し、

      あるいは、ねじられたメビウスの秘密を取り出し、

 

         ――そんな風に僕のズボンの中のものは比喩的に膨張していた。  

      びしょびしょれてしまう、

     「恋」も「欲望」も「キス」も「時間」も――

         She kissed him.

 

 

 

 

       ...Can I kiss you?

       ......Can I kiss you?

 

       ・・・ナイーブやイノセントではいられない、

    ――センシティブに見えたマイケル・ジャクソンも、

             年を取って、死んだ・・。

          韻律の沈黙に突き出た突起を

  どうすることもできない瞑想のヨーガ

 

           ・・・・・・あのさ、これは惑星の最後のスウイッチ。 

   ディズニー映画のライオンキングが一番好きだけど、

         三度目を見ようという気持ちは起きない。

             物体は液状化の途中にある。

                ――僕はトカゲになりたいのかも知れない。

 


 、、、、 、、、、、、、
 この手で・・この眼で触れた――

 


    余韻の中の曖昧な夢感情、前触れなしの鮮明な映像

       唇の重み、微妙で危険な場所・・。

 

           She kissed him.

 

 

 

 

       ...Can I kiss you?

       ......Can I kiss you?

 

      意味が通じないモデルルームでフェイクの女の子に、 

    クリスマス・ツリーがあるこの惑星の冬は素敵。

      月に残された水分から宇宙の繁栄を繙く鍵は見つかるだろうか。

      話が通じないでも繰り返している僕の水銀灯の奥行き。

        ・・・・百合の花の奥に潜り込んだ蜜蜂。井戸の底にまで届く月の光。

 

           ――馬鹿なことしか言ってないよ、愚かだ、愛の言葉もいえない、 

      びしょびしょれてしまう、

     「恋」も「欲望」も「キス」も「時間」も――

         She kissed him.

 

 

 

 

       ...Can I kiss you?

       ......Can I kiss you?

 

 

ハードボイルド A


 水撒き装置の音がする郊外の芝生。精密な時刻表タイムライン

 大きな扉が見える。足元は大理石か。

 ――鎖に止められる。脳裏をかすめる無言のjoke

 石榴の潰れた真っ赤な果肉のような、口内炎が気になる。

 ハマダラ蚊の沈黙の羽根の下のジャングル・・。

 建築大学を卒業しながら、詩を書き始めたボズネセンスキー

 真剣な顔思いつめたような顔から、不敵な微笑

 胸から拳銃を取り出し、ドアの隙間目掛けて撃ち込む――。

 ドクトル・ジバゴの夜の街の一場面。四脚動物テトラポッドは・・

 鳴き声を知らない。

 サイレンサーは付いていない。轟音破壊完了・・

 るいるい、と庭のライトは照らし続けている。

 正義とは社会秩序に依存し、火刑、流罪、踏み絵魔女裁判

 免罪符、貞操帯にもその栄誉を授けるだろ――う・・。

  頭の中で直腸狭窄でも起こしたように、エルヴィス・プレスリーが流れる。

 好ましい営み、美の縁の賢明・・。

 ザ・キング・オブ・ロックン・ロールに入っていた、

 一曲ということだけは、思い出せる。五枚組。

 探すのに手間取りそうだ・・。

 エジプトのミイラはレバノン杉の賜物・・。

  大きな玄関の入口、吹き抜け、螺旋階段。高級な絨毯に調度品。

 趣味はいいドイツ系マフィアのアジト

快楽を保つには、悪魔が被る仮面必要だ。

視神経に光が伝わり、光が来たことを脳細胞に伝える――

短波長の領域を吸収する・・。

ドアを押し返すように跳びかかる、人影。

心の動きが鈍磨する。クエン酸回路という体内の代謝過程・・。

狙撃手のような一撃――スーツ姿の男の服がふわっと一瞬浮く。

黄色い歯が見え、眼が昆虫のように止まっている。

すぐさま、果敢な拳。一瞬のうちに金属のように赤く燃え立つ。

しかし、次の瞬間、顎にめりこむ強烈なアッパー

政治的屈伏のために伏し目がちになっている、政治家の顔が一瞬よぎる。

宙を浮く、くしゃくしゃの紙幣の人物の顔

吹っ飛ばされるスーツ姿の男。蹌踉めき、瞠目する・・。

ギリシャ語で運ぶ刺激に由来して出来たpheromone

こういう使い方はしないだろ――う・・。

その男の顔に、電気的に引き合ったように靴が、

サイズ二九――挨拶する。

歯磨き粉をつけるのを忘れていたかのように、ゆっくりと持ち上げる。

鼻が折れ前歯が折れ、脳震盪を起こす強烈な一撃。動かなくなる。

壁に背を打ちつける。位置を知らせる、ベルの役割。

声。忿恚いかり・・。縄張りを荒された犬の心理。

禿鷹の羽根コブラの巣にでも舞い降りたような騒ぎ。

 

 

つい先日


  
 「」が一文字であるのに対し、
  にら
 「」が二文字であるので、

 ふたもじ
 「」と言う。

    ひともじ
 だから「」と言う。


 ・・・現代でも残りつつ、

 しかし今では使う人も限られているんじゃないかと思う、
 にょうぼうことば
 女房詞

 、、、、
 ひもじい、もそうだし。
 、、、、
 しゃもじ、もそうだ。


 然りとかで、

 これを美しいよくわからないと言うのも、

 しいのだけれど、

 、、、、、、、、、
 時代劇みたいな方言や、
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 英語を使ってる外国人が日本語を学んでるみたいに、

             きょうしょく
 その瞬間ふっと僕は言葉の嬌飾について考える。

 事実の報知機か、宝の山の地図でもどちらでもいいのだけれど、
       、、、、、、、、、、、、、
 本当に僕等は日本語というものを知らないなあ、と。
 

 内村鑑三のこの言葉も、

 もしかしたら、間違えて理解する人もいるかも知れない。

 でも、軽信でも、狂信でも、非常識でも、欺瞞やインチキでも、

 悉くあたかも正確であるかのように記述される。


 キリスト教を信ぜよ、

 然れども外国宣教師のパンを食ふ勿れ、

 日本国を愛せよ、

 然れども藩閥政府の米を食ふ勿れ。


 ――室町時代初期頃から宮中や院に仕える女房が使い始めた、

 そういう言葉とは全然関係ないけれど、

 く使っているものにだってらないことや、
 
 よくわからないことがある。


 ・・・そういう力圏い過去はあり、
  
 進月歩の科学の時代しい呪術を可能にする、

 
 ・・・いやなに、どうして僕がこの話をしてるかって、

 本当に、つい先日のことだよ、

 仏教がどんなに日本語と密接にかかわっていたか、
    、、、、、、、、、
 それがわかっていたつもりであっても、

 外国人が、写真を撮りながら、
 ビューティフル
 美しいと言うまで、



 あれほど神社好きだった僕も、気付かなかったのだ。

 自分でも驚いて、百日参りもした場所なのに、と、

 カルチャー・ショックを受けてしまった。

 その神社の何処にも僕が、

 そのを見出せなかったことに――。

 

 

 

かもちゃん、ひまつぶしをすれば

かもちゃんは、いずうさに言いました。
 けいさつ 、、
 「警察をサツって言うのは、語頭音消失といいますダロ。」

 「ふむ。」と、いずうさが言った。

 「かもちゃん、それで、あたらしい消失がないかを考えたダロ。」

 ・・・消失するのではなく、させるもの、とする、かもちゃん。 

 「ドラえもんは、今日から、えもん、ですダロ。」
  、、、
 「えもん。」

 意味わからない、と正直に言わない、やさしい、うさぎ。

 だからですか? ホワイトだからですか?

 お、今日は、何か外野がうるさいな。消音。消音。
   ウー     キー
 「今日は、いい天気デスダロ」と、かもちゃん、言いました。

 ウーはキーですダロ → ウーはキー → ウッキー

 のこと。のこと。
 
 消音。消音。ぴっぴっぴ。
  ほど
 「成程。

 それは、まだお互いの理解があれば通じる消失のレベル。

 「――しかし、消失すれば復元もしたいのが、人の心。」

 ですが。ものすげえ鳥ですが。

 「うん・・。」と、いずうさ。

 「アナグラム、つまり暗号を作ってみましたダロ。」

 きょうはてんきだ、と書かれています。
 、、、、、、、、、、、
 いずうさが読んでいると、
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 かもちゃんがおもむろケチャップによる血を吐きました。

    ――事件発生、青酸カリだろうか・・

 「――てききょうだん!」

 敵は教団、という意味なのだろう。
      、、、、、、、、、、、、、、、、
 いずうさ、言われなきゃわからないレベルだな、と思いました。
 
 しかし、かもちゃんが、ケチャップはいた嘴のまま、おもむろに翼を拡げた。

 「と~つ、ひまつぶしのため。」
 、、、、、
 ひまつぶし、と言ってしまった。

 なつかしき桃太郎侍モード。

 「た~つ、ふしだらで不潔な教団をやっつけるため。」
 、、、、、、、
 ふしだらで不潔、と、いずうさ思った。

 教団から、ふしだらで不潔を結びつけようとする、鳥のシナリオ。
 
 「ちなみに、里予田耳口王子がかもちゃんの敵です。」

 「誰ですか、サトヨダミミグチオウジ。」

 「野田聖子児童ポルノ強化を訴えます。」

 じゃあ、ふしだらで不潔ではないじゃないか、と思た。

 それとも、“”の字を分解すると、
 
 “”+“”+“になるので、
 、、、、、、、、、
 ということだろうか、と、いずうさ。

 でも、争いは常に激化するので、宗教団体と結びつく、妄想の不思議。

 “”の“”と書いて“”と読む不思議。

 ・・・と、またかもちゃん、桃太郎侍モード。

 「~っつ、未知なる宇宙人と交信するため、教団をやっつける。」

 アヤシゲ、すっごく、アヤシゲ、といずうさ思た。

 未知なる宇宙人と交信したいのなら、

 ひまつぶし、の意味がよくわからなくなるけど、といずうさ思た。

 「甦るカモメ! 
  
 と、ここまできたあたりで、かもちゃんが・・。

 じいっと、やさしい眼でこちらを見ています。

 あまりにも優しく、悟ったような眼でこちらを見るので、

 いずうさ、もふもふ、と笑った。

サスペンス A



 
     、、、、、、、、
     潰れて黒ずんだ花が映し出されたあと、
     、、、、、
     四つの画面に分割する。


     (喋り声が聞こえている・・。

     (聞き取れない喋り声――。


     つの画面の内の一つはが動く。

     つの画面の内の一つはが動く。

     つの画面の内の一つはが動く。

     つの画面の内の一つは繁華街の遠景。

      
     ...それは一つの流れの水疱のごときもの。

     ...それは腕のとれた彫刻のようなもの。
 

      >>>半透明の赤っぽい球形へと、
         画面が入れ替わる。


     、、、、、、、、、、、、、、
     やがて二つの画面に分割される。
       二つの画面の内の一つは女性の後ろ姿。
       二つの画面の内の一つはロー・アングルから、
       二人の人物を見上げる視点。
     、、、、、、、、、、
     画面は三十二分割する。
     、、、、、、、、、、
     画面は四十八分割する。

 
     (女性の甲高い、耳障りな笑い声笑い声笑い声・・。

     、、、、、、、、、、、、、、     
     錆びた空壜と割れた硝子の映像が、
     、、、、、、、
     オーバーラップする。

       
     (めていた疑問暴れ出す・・。

 



     「君が殺したのか?

     、、、、、、、、、、
     画面がブラックアウトしたあと、
     、、、、、、、
     赤い魚が悠々と、気持ち良さそうに泳いでいる。
        、、、、
     徐々に赤の濃度がきつくなり、
     、、、、、、
     赤一色の画面になる。


     (喋り声が聞こえている・・。

     (聞き取れない喋り声――。

    
        ...時計の音ストップウォッチの音が混ざり始める。


      「違う、と言っても信じるの?
 
      と、う。

      「信じるさ。

    
     ・・カツッ・・。

 



     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
     足元に真っ赤な血の色のような口紅が落ちる。

     アップする!アップする!ズームする!


     「・・・拾わないの? それ、証拠よ。

     と、う。

     「でも拾ったら――、私達もう終わりだわ。」



     タイトルがされる――。

     <幾何学模様の螺旋階段


     どくんどくんどくん・・・。

     心臓の音頭全体に響き始める。



      ...Is mere chance responsible?